無限色クレヨン 子育て・生活・イラストなんでもブログ

主婦かるぷのなんでもブログ。子育てとイラストレーターやってます!

【出産12】出血過多は陣痛促進剤の副作用?通常の倍、分娩室で経過観察

calendar

reload

出産編12回目は《吸引分娩・クリステレル胎児圧出法にて息子誕生◆トラブルがなくて安堵》の続きです。

今回で『出産編』は終わりです。読んでくださってありがとうございました( *´艸`)

最終回、始まります!!

全12回

スポンサーリンク

出血過多により、通常の倍の時間を分娩室で経過観察。

ついに第一子の息子・ゆうまが誕生しました。

午後5時20分でした。

私の胸に抱っこされている、小さな大切なかわいい我が子です。

「服を着させますね。

次はおばあちゃんに抱っこしてもらいましょう」

「お願いします。おめかししてくるんだよ~ゆうま」

ゆうまが離れて行ってしまうのは名残惜しいですが、助産師さんにお願いしました。

その間、先生が胎盤を出したり傷口を縫ったりと後処置をして下さっていました。

これは切れたなー。しばらく痛いでしょう。

腫れると思います。
元気な赤ちゃんを産んだ勲章だね。

今日産まれた中で一番かわいいよ!

ずーーっと出番がなかった母が口を開きます。

(立ち合いお疲れ様!(*’▽’))

触らない
今日は何人産まれたんですか?

 

「えっとねー、1人!!!
一番かわいいよ。

あっはっはっは(笑)」

先生、先ほどの真剣モードはどこへやら。

いつものおちゃらけに戻っていました。

触らない
もう先生ったらーあっはっはっはっは

 

と、母も産まれて一安心の様子です。

どうぞ、と服を着たゆうまを手渡されてニコニコです。

触らない
あらこんにちは。かわいいねー。
あばばばば~♪

 

こんな母見たことないよ!

早くも孫パワー炸裂です。

生まれたての赤ちゃん
「旦那さんに連絡しとく?」

と、助産師さんがスマホを持ってきてくれました。

「ここで電話してもいいんですか?」

「いいよー」

お言葉に甘えてすぐに電話をかけました。

「あっ。もしもし?」

触らない
おう

 

「出たよー!(産まれた、でしょ!?と助産師さんの突っ込み入る!)
無事に産まれたよー!元気でかわいい。

もう目ぇ開いてる!」

触らない
そうか。お疲れ。うん。

 

ガチャっ

み・・・短っ!

父親ってこんなもん?と思って時計を見たら、まだ就業中の時間でした。

2コールくらいで出たからもしかして待ってた!?

仕事中に申し訳なかった・・・産まれたことを早く伝えたかったんだもん!

(記事にするにあたり、主人に「こんなだったよね?」と聞くと、「覚えてない」と!!

無事に元気なのが分かればよかったそうです。

それだけ聞いてあとは全部吹っ飛んだとのこと)

出血過多は陣痛促進剤の副作用?

私の処置が終わり、安静にするように言うと先生・副医院長先生・ほとんどの助産師さん達が出ていました。

部屋には私、ゆうま、母、1人の助産師さんが残りました。

今後の説明をしますね。

とお話が始まりました。

「かるぷさんは麻酔が切れるまで動けません。
出血が通常の倍あったのでこの部屋で長めに様子見で安静にしていてもらいます。

急変することがまれにあるので注意してください。

ちょうど時間なのでお夕飯持ってきますね」

通常の倍!?

出血そんなにひどかったの!?

通常の経過観察は2時間と説明されていましたが、私は4時間程いました

(食後にゆうまが新生児室預かりになると、眠ってしまうくらい長かったです)

その後22時頃も病室の自分のベッドではなく、ナースステーションの隣の急患の一時待機室で寝かされました

それくらい要観察状態だったようです。

後々調べたのですが、強い陣痛・多出血は陣痛促進剤の副作用だった可能性があるそうです。

ゆうまは3400gでの誕生となりました。

やはり見立て通り大きかったです。

(身体が大きかったので、フニャフニャ感があまりなくて扱いやすかったのは助かりました。)

もしここまで大きくなければ41週6日ギリギリまで自然な陣痛を待って、普通のお産が出来たかもしれません。

そうしたらここまで陣痛も強くなく、麻酔も使わずに出産出来たかも?!

触らない
でも、『もしも』をいくら言っても仕方がない!

 

大変だったけど無事に産めたし、何よりゆうまが元気なのが一番!!!

大袈裟ですが、現代の医療技術に助けられたお産だったなと思います。

家族団らん。母になった直後、母に甘える!

触らない
ご飯だ!やったー。
ちゃんと食べて体力を取り戻さねば!

 

触らない
そうだね。しっかり食べなさいよ

 

助産師さんが夕飯を取りに退室して身内だけになり、母もすっかり気が抜けた様子。

ゆうまは用意されたベッドに寝かされていました。

ずっとモゾモゾ動いています。

舌がペロペロ出ていてとてもかわいいです。

「かるぷさんお待たせしました。
ゆっくり食べていいですからね。

私はナースステーションにいるので、何かあればコール押してください。

お母さんはまだいらっしゃって大丈夫ですよ~」

助産師さんが夕飯をテーブルに置いて行ってくれました。

動かせるテーブルでしたが、麻酔で体が動かせず

お尻の位置も動かせないので、手を伸ばしても全然届きませんでした

触らない
お母さん手伝ってくださいませ

 

触らない
仕方ないわね(笑)

 

この後、母に手伝ってもらいながらご飯を食べ、親子3代でゆっくり過ごしました。

ゆうまは全然泣かず、ベッドの上でむにゃむにゃしていました。

赤ちゃんってもっと泣くと思ってました!

驚きです。

触らない
心配しなくても明日から泣くぜ?

 

赤ちゃんは、出産当日は新生児室と決まっているので今夜は別々です。

出産直後はゆっくりと睡眠をとって、身体を休めるためです。

この産院は、通常だと翌日から母子同室の予定です。

どうなる!かるぷ&まさ夫妻の子育て!!!!

助産師Y沢さんや入院生活についてはまた改めてお送りしたいと思います。

長かった出産編、読んでくださってありがとうございました!!

全12回

にほんブログ村 子育てブログへ

LINEスタンプ作りました
ねこまさくん
イラスト製作依頼うけたまわります
1000円~
依頼サイトへ

この記事をシェアする

プロフィール

かるぷ

かるぷ

専業主婦かるぷ。2歳男児育児ブログを書いています。
イラストを描きます。
ココナラでお仕事として受注開始しました!

最近の名言『家事が進まないのは子供の相手をしているからではない。体がひとつしかないのが悪いんだ』
詳しいプロフィールのページはこちら↓
[詳細]