かるぷの育児ブログ 無限色クレヨン

主婦かるぷの育児録。夫と一人息子との楽しい日々。

嫉妬?ヤキモチ?我が子に芽生えた複雑な感情◆3つのエピソード【1歳幼児】

calendar

reload

赤ちゃんから一歩踏み出した幼児。

少しずつ、胸に湧く感情が複雑になってきます。

ふとした瞬間に『こんな思いがもう芽生えているの!?』と驚くことがあります。

息子・ゆうまが地域の子育て広場で見せた『ヤキモチ』のエピソードをご紹介します。

触らない
べ、別にヤキモチなんかやいてないんだから!

スポンサーリンク

嫉妬?ヤキモチ?3つのエピソード

【1歳0ヶ月】母親がよその子を抱っこすると不機嫌になる

1歳の誕生日を迎えてすぐの出来事と記憶しています。

近くの子育て広場が主催の『お友達保育』というイベントに参加していたときです。

『お友達保育』とは
その子育て広場が独自に行っているイベント。
週に1回10組の親子が参加して一緒に遊んだり、子供を他の親に任せて親はリフレッシュ活動をする。

同じ顔ぶれで子供を預け・預かりすることにより、親子ともに成長することができるイベント。
●親→子供を預けて、別室で工作や茶話会をする
●子供→親が居ない空間で過ごすという体験をする。
その時の様子は、後からノートや連絡タイムで連携される。

3ヶ月に渡るイベントも残すところあと数回となり、子供同士・親同士でも仲が深まっていました。

その日は他の親御さんから子供を預かり、5人の親で10人の子供を見るという日でした。

ゆうまもすっかり慣れていて、目が届く範囲ならば私が近くにいなくても平気で遊べるくらいになっていました。

しかし中には自分の親がリフレッシュ活動に行ってしまい、心細くて泣いてしまうお子さんもいます。

任された親はかわりばんこで抱っこをしたり、大変でも楽しみつつ過ごしていました。

私も泣いている子をひざに乗せ、絵本を読み聞かせていました。

息子が驚いている

その様子を見ていたのでしょう。

離れたところで別の親御さんと遊んでいたゆうまが、ヨチヨチ歩きの最高スピードでやって来ました。

触らない
俺のお母さんだぞ!ひざから降りろ!!

 

そう言いたげな雰囲気で、泣いている子を押しのけました。

触らない
コラゆうま。一緒に本読もうね?

 

両ひざにそれぞれ乗せて絵本を読みました。

その間、ゆうまはずっと不機嫌な顔をしていました。

泣いていた子が飽きて他の遊びに行ってしまい、ひざが空くとギューっと抱き着いてきました。

触らない
オレのお母さんだぜ!

 

これがヤキモチというやつなのでしょうか?

そっけない態度しかしなかった息子ですが、そんな気持ちが芽生えていたことに驚きました。

嬉しいようなこそばゆい気持ちになりました。

【1歳半ごろ】父親がよその子と遊ぶと、怒って帰る

ゆうまが1歳半ごろの、とある土曜日でした。

私が駅前に用事があったので、ついでに夫とゆうまも着いてきました。

駅前にある大きめの子育て広場で時間を潰して来て。と、二人で行ってもらいました。

1時間後、合流するために迎えに行くとびっくりです。

子育て広場ではなく、近くの本屋にいると言うのです!

触らない
30分くらいで帰るって出口に靴を履きに行った

 

なんですって!?

私と二人で行くときは、2時間は平気で遊んでいました。

帰るのもしぶしぶといった具合なのです!

触らない
だっこ!だっこ!!

 

ちょっと機嫌悪い!なにがあったのかな??

夫・まさによると土曜日だけあって、他にも数人のお父さんが子供を連れて来ていたそうです。

そのうちの一人の方が、あまり自分の子供たちと触れ合っていなかったらしく、そこのお子さんが近くに居たまさにオモチャを渡してきました。

ゆうまは一人で遊べているし、邪険にするわけにもいかずで「はいありがとう。返すね。どうぞ」と、やり取りを何回かしたそうです。

それを見ていたゆうま。

突然遊ぶのをやめ、出口に向かって行ったとのこと。

触らない
オレのお父さんだ!
よその子と遊ぶなら帰る!!

 

ゆうま、かなりのお父さんっこです。

お父さんを取られるくらいなら、遊ばなくていいもん!と思ったのでしょうか。

夫、嬉しくてニヤニヤしっぱなしでした。

アバター画像
ゆうまは可愛いなぁ~

【2歳0ヶ月】母親がよその子に話しかけられ、せめて父親は渡さない!と、帰る

2歳になって初めての週末でした。

天気も良く、絶好の公園日和でした。

家族3人で、近所の大きめの公園へ遊びに行きました。

公園はいつも以上に家族連れが多く、顔なじみもいました

触らない
お、ゆうま!S君とお兄ちゃんがいるよ!

 

遠くから「おーい」とS君兄弟とそのお母さんがやってきました。

S君とは子育て広場でよく会って遊んでいました。

月齢が1ヶ月しか変わらず、見つめあってお弁当を食べるなど最近仲が良くなってきていました。

ゆうまに、S君と遊ぶ?と聞いても知らんぷりしてアリに砂をかけて遊んでいました。

まさは、よそのお母さんとの接し方が分からないので、横で立って固まっていました。

「トーマス!ぎゃははは!」

「そうだね。かっこいいじゃん!お兄ちゃんになったね~」

幼稚園に入学してしっかりしてきたS君のお兄ちゃんが、テンション高く私に話しかけてきます

やり取りはほんの2分程度でしょうか。

ゆうまがスクっと立ち上がり、まさの手を引いて公園の外へ向かって早歩きで行ってしまいました。

触らない
かえゆ~あっち!あっち!!
触らない
え!?もう帰るの!?
かるぷ~先に行っとくな!
触らない
え!?わかった!!

 

私、置いて行かれるという事件が発生!

結構な早歩きでした。

まさを一生懸命連れて行っているみたいです。

「おれ、滑り台やってくる~」

お兄ちゃんが別の遊びに向かいました。

S君は何かをやったらしく、お母さんに怒られていました。

「S君ごめんね。またね!
また子育て広場で会いましょう!すみません、さようなら!」

「またね~」

急いで二人を追いかけました。

触らない
だっこ!あーっち!あっち!!!
かーーえゆ!!!!

 

完全に怒っています。

私がS君兄弟と話をしたせいのようです。

お母さんは取られたけど、絶対にお父さんは渡さない!!!!と、急いで遠ざけたような気がします。

降りたくない息子

いつもは歩く帰り道も、この日はずっと抱っこで下に降りませんでした。

アバター画像
ゆうまは俺が取られると思ったのか~フフフ

複雑な子供心

ゆうまは1歳になったばかりの頃からヤキモチをやくようになりました。

他にも、私がよその子とおままごとをしていたら私の口にオモチャの野菜を押し当ててきたり、
よその子が抱き着いてきたら引っ張ってはがすなどしています。

どのパターンでも、『目が届く範囲で一人で遊んでいる』ときです。

集中していてもこちらをしっかりと見ているんですね。

すぐに飛んできます。

親としてしっかり認識されていると嬉しくもありますが、やはりお友達に対して少し乱暴になってしまうところが今後の課題でしょうか。

少しずつ育っていく色々な感情。

押さえつけないように、上手に表現できるように。

寄り添って育てていけたらいいなぁと思います。

にほんブログ村 子育てブログへ

LINEスタンプ作りました
ねこまさくん
イラスト製作依頼うけたまわります
1000円~
依頼サイトへ

この記事をシェアする

プロフィール

かるぷ

かるぷ

専業主婦かるぷ。2歳男児育児ブログを書いています。
イラストを描きます。
ココナラでお仕事として受注開始しました!

最近の名言『家事が進まないのは子供の相手をしているからではない。体がひとつしかないのが悪いんだ』
詳しいプロフィールのページはこちら↓
[詳細]