かるぷの育児ブログ 無限色クレヨン

主婦かるぷの育児録。夫と一人息子との楽しい日々。

【イクメン育成】好きなものを認め合おう◆夫婦円満は相手を知ることから

calendar

reload

夫と一緒にいる時間10年越えのアラサー主婦・かるぷです。

うちの夫、すごくイクメンなんです!!

今回からは『イクメン』を目指す第一歩として、具体的に行ったことをご紹介していきます。

スポンサーリンク

イクメン育成!夫婦円満は相手を知ることから。お互いの『好き』を認め合おう

男の人は敵!!昔の私は大の男性嫌いでした。

実は私、18歳で専門学校に入るまで男の人が苦手でした。

三姉妹で育ったために男の人を身近に感じることが少なかったからかもしれません。

(父はめっちゃ影が薄かったです。
育児にはあまり参加しなかったから・・・)

幼稚園の時、「男の子って戦隊モノとか好きで、乱暴だからイヤだなぁ~」と思っていたような気がします。

小学生になると、「男子ってさぁ、いつも奇声を上げて戦ってて意味が分からない・・・」とむしろ毛嫌いしていたくらい?

三姉妹の長女!すごくませてて生意気っ!!

触らない
もっと素直に生きてたら色々変わってただろうな~

 

こんな幼少時代を過ごした私。

中学は女子のグループでつるみ、高校は女子校で楽しく過ごしました。

触らない
恋愛とか憧れるけど、男の人苦手だからいいや

 

高校を卒業後、親元を離れて県外の専門学校に進学しました。

専門学校には性別も年齢も問わず、初めて接するタイプの人もたくさんいました。

「信じられるのは自分だけだ!誰にも心を許さないぞ!

親元を離れてまでも自分で選んだ進路でした。

己の力を磨くことだけを考え、周りはライバルで絶対に負けられない!と認識していました。

男の人なんて敵!絶対に騙されちゃダメ!!

くらいの勢いです。

学科の性質上、共同作業が求められるためにコミュニケーションが必要でした。

「これも夢を叶えるためだ・・・」

と、最初は苦手だった異性とのコミュニケーションでしたが、クラスでまとまっていくうちに仲良くなっていきました。

最初はトガっていた私も、いつしか数人とプライベートで遊んだりするまでに『男性嫌い』はなくなっていました

触らない
良いクラスメイト達に恵まれて幸運でした。
専門学校に行っていなかったら、ひねくれ女のままだったかもしれません

 

そんな私も今では男の子の母親。

私の考え方を変えてくれた夫には感謝しきれません。

私の『好き』を認めてくれた夫。この人になら身をゆだねられる?

良い人間関係に恵まれ、人並みに異性と接することができるようになった私。

でもやはり、趣味や考え方と言った深い部分は女友達にしか話すことができませんでした。

そんな中で、クラスメイトだった夫が私に関心を持ってくれるようになりました。

触らない
惚れられちゃったもんは仕方ないね(デレデレ)

 

教室で雑誌を読んでいたら、

「あ、オレもこれ気になってたんだよね。どのシリーズがおすすめ?」

「かるぷさんってゆるキャラ好きなんだよね?オレも造形に興味があってさ~」

などと私の好きなものに対して話しかけてくるではありませんか!

クリエイター系の専門学校だったため、知識としては皆が知っていることでした。

しかし、個人の趣向の域にあるコアなことを認めてくれるではありませんか。

触らない
な、なんだこいつ・・・怪しいぞ!
(きゃー!なんかグイグイ来る!ドキドキ!)

 

自分の好きなものを認めてもらえる考えを共有できることが、すごくうれしかったです。

好きなものを探そう!イラスト

同い年である・家族構成が似ているなどと共通点も知ることができ、自然とお付き合いがはじまりました。

触らない
おれの両親のなれそめ?
イクメンの話どこ行った!

もらった分だけ、返せたらいいな

最初は私ばかりが認めてもらい、うれしい思いばかりさせてもらっていました。

いつしか、『この人にも何か返せたらいいなぁ』と考えるようになりました。

夫の好きなもの・好きなことを知ろうと努力しました。

二人で楽しめることだったら一緒にやったりもしました。

相手を知ることによって、もっと仲良くしたい・優しくしたいという気持ちが生まれました。

この気持ちは今でも変わっていません。

今晩、夫は何を食べたいかな?

明日は外回りの仕事って言ってたから、汗拭きタオルを多めに用意しておこうかな?

『イクメン』に甘えて与えられるだけでなく、こちらも精一杯のお返しをしています。

良い流れができれば、家庭も上手く回っていく気がします。

(たまにケンカもします)

イクメンへの第一歩!お互いを良く知ること。先回りして考えられるようになろう!

イクメンへの第一歩!

人間関係の基本でもある『相手を知ること』

好きな人のことは、もっともっと知りたいですね。

それが伴侶であれば長く一緒に居ることになります。

知ることはとっても大事です。

いい所も悪い所も知れば、相手がしてほしいことや、嫌がることも雰囲気で察知することができます。

いまいちわからない場合でも、言葉で尋ねやすくなります。

触らない
お茶淹れようかな~って言われる前に先回りして出してみたり(笑)

 

そうすることで『思いやり』が生まれます。

『愛』を育むことは難しく感じるけど『思いやり』なら少しの意識で変わることができます。

最初は少しでいいんです。

積み重ねていくことによって、お互い自然にサポートしあえる関係になっているはずです。

先回りして考えることは、育児ですごく大切

あなたが旦那さんの立場だったとします。

こんな場面に遭遇したらどうしますか?

  • 赤ちゃんがお昼寝から起きて泣いている
  • 奥さんはお風呂に入っている途中
  • 夕飯の下ごしらえだけしてある
触らない
泣いてるから早く風呂から出ろって声をかける。
夕飯の仕上げは食べる直前にやるって言ってたし、オレはやることないよね??

 

どうでしょうか?

本当にやることがないと思っていますか?

「やった方がいいんだろうなぁ・・・」ってこと、思いついているんじゃありませんか?

普段から思いやりを持って、相手のためを考えていれば『やるべきこと』はいくつも浮かんできますよね?

一見、奥さんがやることばかりに見えても、旦那さんができることはたくさんあります。

私の夫は、以下のように自然にサポートしてくれます。

  • 起きがけのミルク・オムツ替えをやってくれる
  • お風呂を最後まで完遂させてくれる(身支度まで!途中で出るように促したりしない)
  • 赤ちゃんのお世話or夕飯の仕上げのどちらかを受け持ってくれる

ほら、なんだかできそうでしょ?

もちろん、全部を一度にこなすのは難しいです。

少しずつ、参加できそうなことからチャレンジしてみてください。

赤ちゃんにミルクをあげるイクメン

奥さんとお子さんために、ちょっとだけ『先回り』して考えてみてくださいね!

最後に

相手を思いやって、先回りで行動する・・・

そもそも『やるべきことを実行する』スキルがないと難しくない??

続きはこちら!

>>《【イクメン育成】家事・育児◆一緒にやって経験値アップ!やる気のない夫はどうすればいい?》です!

にほんブログ村 子育てブログへ

LINEスタンプ作りました
ねこまさくん
イラスト製作依頼うけたまわります
1000円~
依頼サイトへ

この記事をシェアする

プロフィール

かるぷ

かるぷ

専業主婦かるぷ。2歳男児育児ブログを書いています。
イラストを描きます。
ココナラでお仕事として受注開始しました!

最近の名言『家事が進まないのは子供の相手をしているからではない。体がひとつしかないのが悪いんだ』
詳しいプロフィールのページはこちら↓
[詳細]